イベントのお知らせ

“Food For Thought” 英語フリーディスカッションセッション(毎週火曜日開催中!)

G30国際プログラムのTeaching Assistants (TA)たちの協力を得て交流の場として
"Food For Thought” 英語ディスカッションセッションを実施しています
講義とは関係なく、オンラインで自由に英語で意見交換する場です。名大生ならば誰でも参加できます。

 "Food For Thought" Zoom 英語 Discussion 9/15:"The Male Standard - Why We Need to Talk About Gender"

対象:一般日本人学生

毎週火曜日 18:00−19:00 

Zoom へのアクセス情報:https://nuss.nagoya-u.ac.jp/s/csNnHcWwcM6ic5k

NUCTページ:https://ct.nagoya-u.ac.jp/portal/site/2020_1_9900084

テーマ:”The Male Standard - Why We Need to Talk About Gender"

Hosts: Christina and Fuko

Gender - a topic that makes people roll their eyes, leave the conversation or counter-argue with opinions. But we still need to talk Gender. Let's think about it: Who in your house does the housework, cooks and takes care of other chores? If your answer is: 'Of course my mother!', maybe you should think about it twice and join our next session for Food For Thought: We will talk about the differences between men and women in the context of different societies, as well as facts. It is not only that the wages for men and women are different - everything is. Men are the standard, and women the deviation. Did you know that medicine is produced for a 70 kg man and that many medical issues cannot be solved for women because the medication does not help? Or that women are more likely to be injured on the streets because they are more likely to be pedestrians, whereas men are more likely to drive vehicles? We will talk about all the different aspects of men vs. women and hope for you to join us on this journey! 
Feel free to share your thoughts, invite friends and bring food 

ジェンダーに関するテーマはすでに議論し尽くされており、ジェンダーと聞くと飽き飽きする方もいらっしゃるかもしれません。しかし、私たちはまだジェンダーについて話す必要があります。例えば、あなたの家では誰が家事や料理をしますか?もしあなたが「もちろんお母さんだよ」と答えるのであれば、あなたは今週のFood For Thoughtに参加し、今一度ジェンダーについて考えてみるといいでしょう。 私たちは、異なる文化や社会的背景の中で男女の違いがどのように現れるのかについて話し合う予定です。多くの社会の中で、男性が基準であるという考え方が採用されています。その証拠として、薬は70kgの男性を想定して作られています。また、女性は男性と比べて車に乗ることができる人が少なく、歩行者となることが多いため、男性よりも道路で傷つけられることが多いです。このように、私たちが知らない男女の立場や状況の違いが、様々な場面で発生しているのです。ジェンダーについて私たちと一緒に話し合い、あなたの率直な意見を聞かせてください! ぜひお友達も誘って、気軽に参加してくださいね!ご飯やおやつ、飲み物もご自由にお持ち寄りください。

NU-EMI Project
電子メールNUEMI@bio.nagoya-u.ac.jp
ホームページ http://labguide.bio.nagoya-u.ac.jp/NUEMI/